まぁこが作る手作り犬ご飯+おやつ

わんこと一緒にウマウマするブログです♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みろく(犬)の血尿の振り返り

最近貧血食を作っているまぁこです
みろくの血尿はお薬が効いたおかげで次の日にはいつもどおりのおしっこに戻りました。
ただ、見た目は赤くないけど実は血が出ている場合もあるので、
念のため尿の試験紙を獣医さんに頂いて(いい先生><)自宅でやってみたところ
結果は、潜血なし(´▽`) ホッ
お薬を飲んでいるおかげもあるので、お薬を飲みきった後も再度やる予定です。

最初↓↓↓こんな感じだったんですよ(T△T)(溶血してる尿です・・・)
みろ血尿モザイク
ちょっとグロイかもなので、モザイクかけときました。
黒い部分は血の塊です。(かなりあせるくらいの色です。。)
もしも、リアルに見たい、わんこの飼い主さんで参考にしたい、
という方がいましたら、一番下のReadMore(追記)にモザイクなしで載せておきますね。

一日この血尿が続いたし、念のために貧血食を意識して最近は作っています。
まぁ。。わんこのヒートのことを考えるとそこまでしなくても
おそらく大丈夫だと思いますが、あくまでも念のために。。。
貧血食の後は、膀胱内のポリープも気になるので
免疫力アップの食事にしていきたいと思っています。

みろく梨郷

血尿が治まりちょっと余裕ができたので、
今回のことをみろくの検査結果と共に振り返ってみたいと思います。

犬の血尿・犬の貧血は検索かけると結構な数ヒットしますし、
私は人の看護師ではありますがペット医療に関しては
素人なのでそちらは詳しくは載せませんね。

先日書いた記事にも少し触れていますが血尿の原因として
膀胱炎、尿路系の結石、悪性腫瘍(癌)、血液の病気、犬のバベシア症などがあります。

膀胱炎は、何らかの原因で膀胱で炎症を起こしたことになります。
みろくの場合、血尿に細菌がたくさんいたということや
白血球が若干上昇していたこと、他の結果にあきらかなものがなかったので
「細菌性の膀胱炎」という仮診断をもらいました。

悪性腫瘍については、エコーにて「膀胱三角(とても手術なんてできない場所)」に
1センチくらいのポリープを指摘されましたが、
検査の結果悪い細胞(癌)が見当たらないということで経過観察となりました。

尿結石は体質(犬種)や食事などでできやすいものです。
わんこはストルバイト結石が多いと言われています。
みろくは特に指摘を受けませんでした。

みろふうバケツ

血液の病気。。。癌と共にこれも怖い病気があります。
みろくの場合ですが、みろくの血尿は溶血していたということを考えると
まずは血液検査をして、血液の病気でないかを調べてもらいました。
結果は白血球が若干上がっていたということだけで他は異常なし(´▽`) ホッ
ということで「免疫介在性溶血性貧血」など怖い病気は否定されました。
ただ、タイムラグがあったら困るのでこれも定期的にみていくつもりです。

悪い細胞を調べてもらっている間、
他に当てはまりそうな病気はないか自分でも調べました。
そこで「バベシア症」というものを発見。
私は初めて知った病気です。。。
バベシアというのはバベシアに感染しているマダニによって
感染(喰われてから48時間で感染)してしまうものです。
こいつは、赤血球内に寄生して分裂・増殖を繰り返しながら赤血球を壊す(溶血)
恐ろしいやつです。。。。
殆どは西日本にいるのですが、最近温暖化が進んでるし、
東日本にも徐々に感染拡大しているといわれています。
まぁこが住んでいるのは東日本ですが、感染拡大してる、
みろくは先月マダニに喰われたことを考えると非常にありえる!!
と思い、先生に言って調べてもらいました。
結果はバベシア(-)でいませんでした(´▽`) ホッ
ただ、これは予防可能なもので、ちゃんとノミダニ予防をしていなかった
まぁこに落ち度があります。(マダニの治療はしましたが・・・)
予防できたのに。。って後で後悔しないためにも
ちゃんとお薬使って予防していかなきゃだめですね|||(-_-;)||||||どよ~ん

みやみろふう寝る

みろくの検査結果と共に振り返ってみましたが、
まだお薬を飲んでて治療中ですし、今後定期的に検査して
みろくが悪くならないように食事や運動や愛情で心身ともに健康でいられるように
することが私の役目です。
そこで、手作りしてるからこそできる症状にあわせた食事(貧血予防、抗炎症、利尿作用)について
少し勉強したので次はその内容をアップしたいと思います。



参考書籍:
イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科
(2006/04/21)
山根 義久

商品詳細を見る
症状と病名でひける愛犬の病気事典症状と病名でひける愛犬の病気事典
(2001/11)
小方 宗次

商品詳細を見る


参考サイト:PetWell(犬の病気辞典:犬のバベシア症)PETS HOP(犬の病気)犬の病気百科(血尿が出る)

参考になった方は
↓をクリック!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村


モザイクなしの写真です。。。
みろ血尿モザイクなし

スポンサーサイト

| 貧血(予防)食@犬 | 18:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ネオママさん!

ネオママさ~ん、今は治まってますが
もしかして長くないの??なんて心配と不安だらけでした。。
みろくもネオちゃんと同じで過去吐血や下血などあって
まさか血尿までいくとは思いませんでした。。
それに、膀胱内のポリープのことも気になりますし。。
ちゃんと検査続けて、栄養のあるものを食べさせて、
たくさん遊んで心身共に健康でいられるようにしなくちゃですね。。
まだまだ若い子なんて思わないでこれからはお世話しなくちゃ。。
励ましのコメントありがとうです^^

| まぁこ | 2010/09/01 12:38 | URL |

みろくちゃん血尿してしまって大変でしたね(泣)
まぁこさんの不安な気持ち良く分かります。
原因がすぐに分からないっていうのもツライですものね。
翌日には血尿も治まっていて一時的なものだったようですが
お薬とまぁこさんの愛情たっぷりの食事で元気になって
くださいね。
尿の細菌のこと勉強になりました。
ネオたんも7ヶ月のころ水血便をしたことありました。
痛いのかとかもワンコってなかなか分かりづらいし
あのときの不安を思い出しました。
まあこさん頑張ってくださいね!

| ネオママ | 2010/08/30 11:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://3wanutigohan.blog102.fc2.com/tb.php/105-db95fbe7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。